中野区長・酒井 直人(さかいなおと)公式Webサイト

中野区長・酒井 直人(さかいなおと)の公式Webサイトです。対話の中野へ、そして「中野はこんなもんじゃない!」を、「すべての人が好きになる中野」へ、変えていきましょう!

LGBT〜本当に平等な社会を目指して| 中野区長選挙候補・酒井直人

プライド・パレードに参加してきました ゴールデンウィークに行われたプライドパレードに参加してきました。 本当に多様な方々が、一緒になって歩かれていました。 このような素晴らしい取り組みに参加できたことを、嬉しく思います。 また、当事者の方々とお話をすることで、様々な問題点に改めて気付かされました。

そのような折、中野区でも、同性パートナーシップ制度が導入されました。 一部報道で、私酒井直人のコメントも掲載されていましたが、紙面では十分に伝えきれなかった部分もあります。 ここで、LGBTに対する考えを書かせていただきます。

今回、同性パートナーシップ制度が導入されたことには、大賛成です。 むしろ、LGBT当事者が多く住んでいると言われているこの中野区で、なぜ今まで導入されてこなかったのか、という思いすらあります。 今回の制度は、先に導入をしている世田谷区や渋谷区の同性パートナーシップ制度を参考にされています。 良いとこ取りも悪くはないですが、中野区らしさがないのが、残念です。 国の制度との整理は必要ですが、中野区独自の制度、サービスについて、さらに検討したいと考えています。

また、LGBTの課題は同性パートナーシップ制度だけではないとも思っています。 差別やハラスメントを許さない。 誰もが、安心して過ごせる地域にする。 これはとても大事な観点だと思います。

同性パートナーシップ制度が導入されても、ご近所の方々から偏見の目を向けられてしまう、あらぬ噂を流されてしまうのでは、制度は形骸化してしまいます。 そのようなことを起こさないためには、差別を許さない制度と、その制度を広くお伝えしていくことが必要です。 住民理解を深め、お互いに尊重できる社会の実現を、私酒井直人は目指します。 同性パートナーシップ制度を使っていなくとも、カミングアウトしていなくとも、どのような方であっても、差別や偏見にさらされないことが大事です。

これからも、当事者の皆さんと積極的に対話をし、より良い制度の導入をめざしていきます。

※6月6日に「中野区長選挙候補・酒井直人」を記事のタイトルに追記しております。

【こちらもお読みください】

sakainaoto.hatenablog.com

自己紹介

こんにちは。酒井直人(さかいなおと)です。

大学入学時に上京してから、中野の魅力にどっぷりとはまっている、46歳の一児の父です。一度、郊外に居を構えたこともあるのですが、やっぱり中野が良くて、9年前に野方に自宅を構えました。

中野ならではの多様な交流が大好きで、中野のあちこちで、すばらしい出会いやおいしい料理を楽しんでいます。ただし、小3の娘からは、「パパ飲み過ぎ!」とよく怒られています。。。

大学院卒業後の1996年に中野区役所に入区して22年間、区の職員として中野を見てまいりました。

私は中野が大好きです。

同じように中野が大好きで、この街を良くしていきたいと思うみなさんと、「明日の中野」をつくっていきたいと思っています。

「どうして中野区政に挑戦するのか」私の悩みと葛藤をプロフィールに記しましたので、ぜひご一読ください。

立候補表明動画

記者会見時に使用した資料は、こちらです。法的観点から一部表現を改めましたが、内容は当時のままです。 最新の政策は、上記「政策」タブからご確認ください。

事務所 住所・電話番号

東京都中野区野方1-6-2 電話:03-6677-7909

寄付のお願い

「あなたと創る明日の中野の会」の活動は、皆さまからの寄付金で成り立っています。

少額でも助かります。どうぞよろしくお願いいたします。

ご寄附いただく際には、お名前・ご住所・職業をお知らせください。

【振込口座】
三菱UFJ銀行中野駅前支店(552)普通 0411079
あなたと創る明日の中野の会 代表 酒井直人